iCHi's diary~本は読みたし、はかどらず~

主に読書録。読み終えた本がこのまま砂のように忘却の彼方に忘れ去られるのが申し訳ないので、書き留める。要は忘れっぽい読者の読書日記。

短歌

「呪文よ世界を覆せ」短歌コメディー

久々に紙のマンガを購入した。ニコ・ニコルソンの「呪文よ世界を覆せ」デジタル万引き防止タグが入れ込まれててすごいなー技術!とおもいました。始めてみたもので。 呪文よ世界を覆せ(1) (月刊少年マガジンコミックス) 作者:ニコ ニコルソン 講談社 Amaz…

「アーのようなカー」等身大が素敵。

寺井奈緒美の句集「アーのようなカー」を読んだ。 アーのようなカー (新鋭短歌シリーズ46) 作者:寺井奈緒美 書肆侃侃房 Amazon この世のいとおしい凸凹どこまでも平らな心で見つけてきた、景色の横顔。面白くて、美しくて、悲しくて、ほんのり明るい。(東 直…

「ラインマーカーズ」大事な事が多すぎて

穂村弘の「ラインマーカーズを」読んだ。 ラインマーカーズ ~The Best of Homura Hiroshi~ (小学館文庫) 作者:穂村弘 小学館 Amazon 人気歌人・穂村弘 唯一の自選ベスト版歌集 1990年に歌集『シンジケート』でデビューして以来、短歌、エッセイ、評論、絵…

「NHK短歌」短歌と芸人のマリアージュを見たわ

穂村弘と鈴木ジェロニモの対談を読んだ NHK 短歌 2024年 5月号 [雑誌] (NHKテキスト) NHK出版 Amazon あの人と短歌 穂村弘 ゲスト 鈴木ジェロニモ 説明動画の世界 最近娘に勧められた「鈴木ジェロニモの説明動画」が面白かったのだ。 水道水の味を説…

「天才による凡人のための短歌教室」ヤバい言葉遊び

強気なタイトル、木下達也の「天才による凡人のための短歌教室」を読んだ。 天才による凡人のための短歌教室 作者:木下 龍也 ナナロク社 Amazon あらゆる創作をする人たちに刺さる良書だと思う。 短歌の良し悪しどこで決まるのか全くピンと来てなかったわ・…