iCHi's diary~本は読みたし、はかどらず~

主に読書録。読み終えた本がこのまま砂のように忘却の彼方に忘れ去られるのが申し訳ないので、書き留める。要は忘れっぽい読者の読書日記。

毎日のように手紙は来るけれどあなた以外の人からである「枡野浩一全短歌集」

枡野浩一の「毎日のように手紙は来るけれどあなた以外の人からである「枡野浩一全短歌集」」を読んだ。

 

短歌ブームは、ここからはじまった――。歌人枡野浩一、デビュー25周年にして、待望の全短歌集刊行!

 世の常として、他人に言えない孤独を歌にすると、他人に言えない孤独を抱えた、多くの人たちに愛される、のです。
 そして、そのことは一切、誰の孤独も軽くはしないのです。
 でも、歌は。
 あぁ、歌は。

 枡野さんのこの御本、とてもうれしい

簡単な現代語だけでつくられているのに、読むと思わず感嘆してしまう「かんたん短歌」で若い世代の短歌ブームを牽引した歌人枡野浩一。 デビュー25周年を記念して、入手困難になっていた短歌集『てのりくじら』『ドレミふぁんくしょんドロップ』『ますの。』『歌』全収録作に、『結婚失格』など、その他の著作からの拾遺、未収録作を加えた決定版! 特別栞として、俵万智枡野浩一の往復書簡も収録。

 

枡野浩一というひとは現代短歌というものをつくった歌人だ。

けり、とか、たらちねのーとかの言葉を使わずに、現代の人々が使う言葉で、シンプルでありながら鋭い歌を読み続けて今の地位を築いた歌人だ。歌人なだけではなく芸人や本屋の店主やババロア研究家の肩書も持つらしい。なんか目が離させない面白そうな人だ。

 

昔むかし、私がTVBrosという雑誌を愛読していたときにエッセイを書いていて、結構過激な内容だった。というか、ちょうど家庭問題がややこしいことになっていた時期なのか、泣き言繰り出しているイメージだったので、こうやってまとめて短歌を読む機会を得るまでは、一緒に飲みたくないタイプフォルダに入れられていた。あくまで私の中で。

 

枡野浩一の短歌は、時にユーモラスで、時に鋭利で、簡単につぶやいているように見えて「すごい」

 

タイトルになっている「毎日のように手紙は来るけれどあなた以外の人からである」一つを取ってしてもこの31文字で、孤独感と感情の揺れが読む側にも伝わる。

 

特別な言葉などなにも使っていないのに、この歌は私のことを歌っているとしか思えない時がある。

 

 

ここら辺何かあったのね、という匂わせ短歌が続く。

f:id:ichieda:20240623205816j:image

f:id:ichieda:20240623205821j:image

 

元妻はマンガ家の南Q太だったらしい。

たくさんグッと来る歌が会ったけど、胸の奥に日が灯るようなこの歌が一等好きだ。

f:id:ichieda:20240623205731j:image

 

私には才能がある気がします それは勇気のようなものです

すべての「なにかを目指している人」に知ってほしい歌

才能があるかないかは自分で決めてこ。

 

ちなみに黄色の栞は小2の男の子に頂いた私の宝物。

この可愛さは狙って出せない。

 

次に読みたい本

 

えーこの表紙南Q太じゃない?(ひえー)